« どうしたもんじゃろの~ | トップページ | 原点回帰 »

声をふるわせながら言ってくれた君の想い

家に帰ってすぐに

録画した「ラブソング」最終回を見た
やっぱり最高だ
視聴率が悪かろうが
何だろうが
やっぱり大好きだ!
真心なんてありふれた言葉で
いいつくせないかも知れないが
自分が求めるものは
いつだって 大切なことを思い出させてくれる
死んで腐って岸壁に打ち捨てられた魚にさえ
かつての命の輝きをとりもどさせてくれるような力があるんだ

恋ってものはね 
人生の中で もしかしたら
最高の宝物かもしれないと思う
不倫だなんだ 最近世間を賑わせているが
人がどうしようもなく誰かを求めてしまう以上
せつなさ悲しさは必ずつきまとってくるものでしょ?
こんなこと有名人が書いたら
とんでもなく炎上しそうだけど
自分は人の心や体を紙っぺら一枚で縛り付ける事の方が
よっぽど不自然なことだと 物心ついたときからずっと思っている
社会制度上利点があるから そうすることが現代社会では
常識的な価値になっているけど
署名捺印なんてしなくたって
魂が求め合うような本当の愛は
これっぽっちもゆるがない
人が人を求める事は 初めから切ないことなんです。。。
裏切ったり裏切られたりすることもあるんです
苦しいんです
結ばれようと結ばれまいと
苦しくなるんです
 

必ず 失ってしまうから。。。
それでも求めてしまうから
人は希望を抱くんです

最終回
泣ける場面が
たくさんあった
最終回って意外と温度下がったりしがちだけど
「ラブソング」は期待を裏切らなかったな
みんな素敵な人に描き切ってくれたし

さくらが居なくなって 空一が「さくら~」ってさけんで
探しまわっていた時の苦しさは 
見ているだけでも息が苦しくなったけど
最後にさくらのそばに空一がいてほんとに良かったと思う
それを見ていた広平の気持ちがたまらないけど
大人になるってことは それを受け入れることだから
諦めるとか そういう後ろ向きのことじゃなくてね

さくらはまた歌えるようになったけど
現実には そうじゃない事の方が多いかもしれない
それでさえ
いや だからこそ
希望の光を求め続ける時に
人は美しく輝くんだと思います。。。

なんか 色んな思いが溢れ出て
言い尽くせないけど
普通のドラマでも
子供が見る様な絵本であっても
何でもいいけど
大切なものに触れた時
心ふるえるような自分でいたいんです。。。

|
|

« どうしたもんじゃろの~ | トップページ | 原点回帰 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


達也さん!熱い魂が伝わってきましたヾ(≧∇≦)

最高ですね。

そんな熱い魂を持つ達也さんのライブにも行ってみたいです。

神様がくれた留萌のプレゼントは良い方向に進んでいますね!

投稿: yoちゃん | 2016年6月14日 (火) 11時53分

yoちゃんさん

ホテルの件 ありがとうございました!!

留萌でお会いできるの楽しみにしております。。。
見かけたら声かけてくださいね(o^-^o)

投稿: TATSUYA | 2016年6月14日 (火) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128078/66006352

この記事へのトラックバック一覧です: 声をふるわせながら言ってくれた君の想い:

« どうしたもんじゃろの~ | トップページ | 原点回帰 »