カセット→CD-R

最近こういった作業の依頼 多いんだな

昔のカセットテープとかレコードからCD-Rに入れてってのが・・・実際世の中には潜在的にそれを希望する人って山のようにいるんだろうな

俺自身も昔のやつ全部移し変えたいくらいなんだけど

自分のって やろうと思えば飲みながらでも出来るのに

全くやらないまま今に至ってるわけで・・・

まあみんなそんなもんなんでしょう。。。

_019 画像ボケボケですが 再生してる音像もそんな

感じなんで・・・堪忍してくだされ

使用してるカセットデッキは業務機としては超定番のTASCAM社製のものですが 思えば最近はPAの現場でもメッキリ出番が減ってしまったもんだよ

別にさみしかないんだけどね

頭出し大変だったし・・・カラオケ大会なんて本番前のわずかな時間に一人で数十本も頭出したりして

みんな弁当食べてるのに~

そうそうテープの頭なんだけど誤解してる人が多いんだよねー 最初まで巻き戻したテープ持ってきて「これ頭出てますからー」なんて・・・本番で使う時は再生ボタンをポンって押したらすぐ音が出ないといけないでしょ!

押してから7~8秒も音が出ないなんて 

イケマセンから(笑)

たまにMDでもトラック頭から音が出るまで長ーいやつがありますなあ(その空白部分を「ス」と言いまス 多分「素」?)

まあどっちにしても本番までに自分で全部確認するんだけどね!!

話を戻して

で 俺の場合はテープからROLAND社のVSシリーズや

PRO TOOLS LEに取り込んで軽くマスタリングしてから

CD-Rに焼いてるわけっす

軽~くと言いつつイジリだすとツイツイ凝ってしまって

すごい時間が経っていたなんてこともしばしば(汗)

結局戻すから とっても無駄な時間だったりして

まあ これも勉強ということにしておきましょう

それにしても 劣化してノイズたくさんの音源でも

ちゃんと伝わって来るんだよなあ・・・大事なものは

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|