デジミキ3世代

Digimx3「 YAMAHA 01V96ver2」導入しました

デジタルミキサーといえばもちろんYAMAHA!

ここのところPA現場への進出も加速度的に進んでまして。。。「M7CL」いやせめて「LS9」くらい。。。といきたいところをぐっとこらえての「01V96」

気がつけばYAMAHAデジミキとしては3代目の導入とあいなったわけで このシリーズにはこれまでずいぶんとお世話になってきましたが やはりこの「01V96」は前モデルの「01V」が土下座して謝るくらい圧倒的な進化をとげておりました。。

Digimx2 あげるとキリがないんだけど 俺的にはルーティングの自由度が格段にあがったことがもっともポイント大かな。。

ルーティングに限らず自由度が上がるということはそれだけ操作が複雑になるということだけど 付属の01V96エディターソフトウエアを使えばパソコンのディスプレイで設定出来るので そのあたりは問題なしです!

デジミキは何といっても事前仕込みがキモになるわけで テンプレートとしてのシーンメモリーや各種ライブラリーへの記録さえしっかり出来ていれば現場での時間節約にも直結するでしょう

Digimx1 フェーダーの動作音は格段に静かになりました

以前の「シャキッ」という結構派手な音は無くなり「スルッ」というおとなしい印象に。。。

「01V」では一般への拡販を意識したかのような シルバーのカラーリング(実際「01V」は一般ユーザーに一気に普及したと思います)だったけど「01V96」は少しプロ機っぽいデザインに戻ってます。。思えば「ProMix01」は当初かなり敷居の高いイメージがあったなあ。。。

。。。とまあわりとデジタルミキサーに馴染みのある俺だけど やはりPAの現場では依然としてアナログミキサーの有利な点が沢山あるわけで。。。現状ではケースバイケースでチョイスするのが吉なのでしょう

これでグラフィックEQでも搭載されたら いよいよアウトボード無しでいける機会が増えて楽なんだろうな~

そういう意味でも「LS9」。。やっぱり欲しいなあ(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

かつての主役

主役といえば。。

最近 そのまんま東知事はすっかりニュースやワイドショーの主役ですね~信頼感のある言動・・・クレバーで好感度大・・・北海道知事も彼のような人だったらいいなあ・・つぶされないでいい仕事をして欲しいです。

「女性は子供を作る機械」発言の大臣みたいに極端に感覚のずれたのが多い中 希望というものを抱ける時代を作るのは彼のような人間だと信じていたいな。。。 

そして自宅機材の主役といえば! ミキサー一体型マルチ・トラック・レコーダー

頭文字をとってMTR。。。かつては憧れの機材

多重録音という素敵なことがお家で出来ちゃうという夢のマシンだった。。。

だった。。。といっていいよなあ 今はすごく安く手に入るものね

しかもハードディスクでCD-Rも焼ける!

多重録音とは一人でハモッたりギターやキーボードを重ねて録音して あとからそれらのバランスをとったりエフェクトをかけることができるんだけど。。。バレーで言ったら 自分で上げたトスを自分で打てる!とか 自分のサーブを自分でレシーブできるようなものだから 想像しただけで楽しそうじゃないの(笑)

最初はカセットテープで4トラック。。8トラックなんて高値の花だったよね

Mt8x「YAMAHA MT8X」

8トラもだいぶ安くなったなあ・・・と思っていたら

この後登場するハードディスクレコーダーの台頭により このあたりがカセットマルチ時代の最後の世代になってしまいましたね

ただ このミキサー部はルーティングに使っただけで 録音もミックスも別ミキサーでやってました 

ちなみにこれの前に使ってたのは「YAMAHA CMX100Ⅲ」です

今はもう手元にないけど。。。

 

このMTR まだまだちゃんと動くのに まったく出番はなし

トランスポート部のボタンの感触が大好きだったなあ。。。

やっぱり ハードディスクがカリカリいうより テープがカチャって回り出す方が何だか気持ちがいい。。。

懐かしさつながりでかれこれ20年近く前に書いた曲をアップしま~す

「WALK IN THE PAIN」 -winter sky version- 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アンヌのテーマ

最近ゲットした2点

まず1点目はコチラ!

Photo_41 以前聞いてみようと言っていた冬木透さんのCD

「Theme of ANNU」

のっけから 友里アンヌことひし美ゆり子さんの朗読が飛び出す!

バックには「アンヌのテーマ・Noctume」 

ひし美さんの好きなウルトラセブンの挿入曲「平和」から発想されたという・・・可愛いピアノ曲

「アンヌの休暇」というイメージ・ポエムをウン十年たった今のひし美さんの声で演じてらっしゃいます。。。

まぎれもなくアンヌの声なんだけど。。やっぱりトーンが落ち着いているなあ

眼を閉じて 当時のアンヌを探しながら聴いてしまいました

もうちょっと早口でワントーン明るめだったらイメージピッタリだったかもしれないな。。。でも 何だかんだ言っても結局は ありがとうございますって感じで 嬉しくなっちゃったんだけどね(笑)

朗読の内容は アンヌ隊員のつかの間の休息 任務を忘れボーッとしてモノローグ。。。

スクランブル交差点をセカセカと行き交う人達を見てアレコレと想像したりしてます

最後は「今夜はとっておきのお酒を飲んじゃおうかしら」なって言ってますが・・・ホラホラそんな時に限ってビデオシーバーが鳴ってキリヤマ隊長から「アンヌ せっかくの休暇のところすまぬが大至急・・・」などと呼び出されたりするんだよね な~んて想像してしまいました(笑)

せっかくお洒落して出かけたのにね。。。

他にはセブンの挿入曲を中心に他のウルトラシリーズ等がリアレンジされて入ってますが クラシカルアレンジなミラーマンやファイヤーマンも入っていてそれがまた懐かしくて嬉しかったなあ。。。

さてもう一品はというと・・・

Soundforge8 プロフェッショナル デジタル オーディオ編集ソフトウェアと銘打たれた

「Sound Forge8」

CDマスタリングなどステレオ素材の編集には定番中の定番と言っていいのでは・・・

CDライティングソフト「CD Architet 5.2」もバンドルされてお得感アップ!

とりあえず使った感じはすごく軽いなあと思いました

簡単に使えるけど・・奥は深そう

今年はオリジナルCDアルバムをリリースするぞ~という意気込みなので

コイツラにも頑張ってもらわないと~!

・・・っていうかお前が頑張れよお(汗) ははは。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)